chanlog



4回目の健診と安産祈願

少し前になりますが、大阪での4回目の健診に行ってきました。
いつものように、内診でエコーで赤ちゃんの状態を確認して、先生とのお話、、、。
といっても、「14~15週の大きさですね。大丈夫ですね。何かありますか?いいですね? じゃ、次回は4週間後です。」と流れる感じで、わたしもいろいろ聞けばいいのに、その流れに流れて「はい、ありがとうございました・・・。」と診察室を出てきてしまいました(^^;
先日、帰省した時に行った沖縄の病院では、混雑しているにも関わらず、4D超音波検査の画面を見ながら素人目には解り難い、細かい部分も教えてくれたり、性別に関するお話まで説明してくれたりしたのに(診療費が安いのに!!)・・・。と、病院・先生の違いを実感したのであります。。。
確かに、わたしが普段病院に行くのは、仕事帰りの夜の健診、先生もお疲れだとは思うのですが、もう少しいろいろお話してくれるといいのになぁ・・・、って思っちゃいました。
市内でも評判が良い病院を選んではいるので、もしかすると分娩予約をしている患者さんには、もっと親切丁寧な対応をしてくれているかも知れません。勝手な思い込みかも知れませんがー(´д`)ブー

と、グチりながらも、お腹の中のキミドリちゃん(同僚に名づけられた)は順調に5ヶ月を迎えます。
そこで先日、関西で安産祈願として有名な中山寺に行ってきました。
関西ではよく知られた話があって、中山寺でいただく腹帯に書かれた性別とは逆の性別の子が産まれると言われているそうです。
2月末で出産休暇に入った子からも「腹帯には女ってあったけど、男の子だったよ!!」と聞いていたので、行く前から少しドキドキしながら、楽しみにしていました。
そして結果は・・・?! 腹帯には、しっかりとした字で『男』と書かれているではありませんかー!!
男の子希望の彼は、少し残念そうでしたなぁ。しかし、結局は「どちらが産まれても健康な子であればいいじゃん。」という話で落ち着きましたよ。
本当にどちらでもいいのですが、出産前にこういう楽しみがあるのって和むしいいよなぁ~、と思いました。
[PR]
by Chan-chan48 | 2008-03-03 10:43 | Baby
<< 晩御飯 お土産 >>


2006年5月、キャルバリーバイザシー教会(ハワイ)で挙式を終え大阪での生活を楽しんでいます♪            内容と無関係なTB・コメントは、削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
LINKS
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧